ここから本文です

松本隆氏、秦基博の作曲力称賛「サビの詰め合わせみたい」

オリコン 7月1日(金)5時0分配信

 昨年作詞家活動45周年を迎えた松本隆氏(66)が、今秋デビュー10周年を迎えるシンガー・ソングライター秦基博(35)と初タッグを組み、歌手クミコ(61)のシングル「さみしいときは恋歌を歌って」(9月7日発売)を書き下ろしたことが6月30日、わかった。作曲に秦を指名した松本氏は「彼のメロディーは非常にキャッチーで詞がつけやすい。デモを聴いた時、サビの詰め合わせみたいで、すごく良い曲だと思いました」と称賛した。

松本隆×秦基博のラブソングを歌うのはクミコ

 「赤いスイートピー」「ルビーの指環」など日本歌謡史に残るヒット曲を量産してきた松本氏は、2000年にクミコ(当時46)を発掘し、自身がプロデュースしたアルバム『AURA』で再デビューさせた経緯がある。

 クミコは近年、「平和や命」にかかわる歌を歌ってきたことから「クミコという実力派シンガーに、もう一度“恋歌”という歌の原点に戻ってほしかった」と熱望した松本氏は、「ひまわりの約束」がロングヒット中の秦に作曲をオファー。MISIAや平井堅ら数々のヒットナンバーを手がけた冨田恵一にサウンドプロデュースを依頼した。

 名作詞家からのラブコールを受けた秦は「シンプルで穏やかだけど力強いもの。そんなことをイメージしながら、メロディーを書かせていただきました」と説明。「松本隆さんの詞、冨田恵一さんのアレンジ、そしてクミコさんの歌声。このすばらしいポップスを織りなす一員になれて光栄です」と感激する。

 秦が書き下ろしたメロディーに歌詞をつけた松本氏は「はっぴいえんど『朝』、冨田ラボfeat.ハナレグミ『眠りの森』に続く、『松本隆・朝三部作』とも言える作品。前2作は男性目線だったけれど、今回は女性が主人公です。きっととても上質で心地よい大人のポップスに仕上がると思います」と自信をにじませた。

 クミコは久々の“恋歌”挑戦に「偉大な三人の手から極上の恋歌が生まれた。ああ、なんという幸せ。残り時間の見えてきた、十分に大人の恋歌を、力まぬよう唄いたいと思うのです」とコメントを寄せた。シングル発売を記念し、9月24日には東京・六本木のEX THEATER ROPPONGIで『クミコスペシャルコンサート2016』が開催される。

最終更新:7月1日(金)11時4分

オリコン