ここから本文です

小室哲哉、会員制オンラインサロン開設「ファンクラブではありません」

オリコン 7月1日(金)11時0分配信

 音楽プロデューサーの小室哲哉氏(57)が、著名人による会員制オンラインサロンサービス『DMM Lounge(ラウンジ)』に参加することが決定し、きょう1日より『TK Culture Gathering』として公開する。

【画像】小室氏が開設した『TK Culture Gathering』

 同サービスは、ラウンジ内で著名人との密度の濃い情報交換とコミュニケーションが可能で、今年2月16日からスタート。ビジネス・スポーツ・占い・スピリチュアルなど多岐にわたるジャンルの新規ラウンジが続々と開設されている。

 小室氏のラウンジは、未来のカルチャーがテーマで、どこよりも早い小室氏の情報提供や、多分野に精通したゲストによる“ここでしか観られない”対談コンテンツ(第一回はDMM会長・亀山敬司氏)。さらに、小室氏と会えるオフ会の開催など音楽だけにとどまらないカルチャーやビジネスの学びの場を提供していく。

 「ファンクラブではありません」と話す小室氏は「文化を語り会う場として、参加者となる“TKスーパーバイザー”の皆さんと次世代カルチャーを語りあえればと思っています」と積極的な参加を呼びかけている。

『TK Culture Gathering』:https://lounge.dmm.com/detail/141/

最終更新:7月1日(金)18時5分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。