ここから本文です

『ウォークラフト』本編映像が公開 異次元の入口・ダークポータルが出現

オリコン 7月1日(金)6時0分配信

 人気オンラインゲームを映画化し、きょう7月1日より公開される『ウォークラフト』の本編映像がORICON STYLEに到着した。公開された本編映像は、闇の魔術により開かれた巨大な異次元の入り口・ダークポータルと、その門を抜け別世界へと大移動する好戦的な種族・オーク軍が登場する。

【動画】『ウォークラフト』本編映像

 ゲームの世界をスクリーンに再現するため、『ジュラシック・ワールド』のレジェンダリー・ピクチャーズが製作を担当し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のVFX効果を生み出した名門スタジオILM(インダストリアル・ライト&マジック)が特殊効果に参加。監督は故デヴィッド・ボウイの息子であり、『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』のダンカン・ジョーンズ氏が務める。

 人間たちが暮らす剣と魔法の世界・アゼロスは長い間、平和な時代が続いていたが、滅びゆく故郷を捨て、新たな定住地を求めるオークの戦士たちが侵略しようとしていた。人間たちは、強力な魔力を持つガーディアンのメディヴの力を借り、オークとの全面戦争を決意するが、アゼロスの騎士・ローサーは、人間とオークのハーフのガローナと協力し戦争を避けようとする。一方、人間との戦いに疑問を持っている一人のオーク・デュロタンも、一族を守るために争いを避け人間と手を結ぶことを決断するのだが…。

 到着したのは、闇の魔術により開かれた巨大なダークポータルが映る本編映像。オークを率いる暴君的なグルダン(ダニエル・ウー)は、ホードという侵略軍を結成し、命を吸い取る闇の魔術フェルを利用して、世界と世界をつなぐ異次元への入り口“ダークポータル”を開き、アゼロスへの侵略戦争を始めようとする。

 本来オークの肌は茶色だが、グルダンの魔術を吹き込まれると肌が緑色に変化。強力な力を得る代わりに、凶暴になり好戦的になる様子や、迫力あるオークの大群も収められている。

最終更新:7月1日(金)6時0分

オリコン