ここから本文です

Zwei、2年ぶりのワンマンライブでハードパフォーマンス

BARKS 6月30日(木)16時37分配信

Zweiが2年ぶりとなるワンマンライブ<ONE MAN LIVE SHOW ! ~Zweiちゃんとワッショイしませんか~>を6月19日(日)高田馬場CLUB PHASEにて開催した。オフィシャルからのレポートをお届けする。

◆<ONE MAN LIVE SHOW ! ~Zweiちゃんとワッショイしませんか~>画像

今年の4月クールではTVアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』ED主題歌「Red Zone」を担当したZwei。今回のライブにはサポートメンバーとしてギターにLoVendoЯの魚住有希、ドラマーにASKAを迎えたガールズバンドスタイルでのパフォーマンスとなった。同メンバーでつい先日、日比谷野外音楽堂で行われた<NAONのYAON 2016。へ出演したこともあり、レア構成でのバンドは息もぴったり。

TVアニメ「ロボティクス・ノーツ」主題歌「純情スペクトラ」からスタートしたライブは、序盤から「MONSTER」「Red Zone」「永劫心理のフェルマータ」「Dragon」など、懐かしい名曲から最新曲まで揃えた怒涛の前半戦で観客を圧倒。中盤にはZweiにしては珍しいアコースティック編成での「Pretty Queen」「拡張プレイス」、そしてバンドでは初お披露目となる「STEINS;GATE 0」エンディングテーマ「ライア」を披露する。

その後、ベースのMegu唯一のソロ曲という「My name is Megu」でのトイレットペーパーを使った爆笑パフォーマンスを挟んで、ライブはハードなZweiの楽曲の中でも特にバンドメンバーの負担が大きいとされる楽曲を集めた後半戦へ突入。

最高に盛り上がる「H-A-R-D-E-R」では、高まりすぎたボーカルのAyumuがトレードマークのサングラスを外し、ペットボトルの水を頭から被りつつ観客にも水をかけるというハードなパフォーマンスで最後まで熱唱。2年振りのワンマンを喝采のうちに終えた。

セットリスト<ONE MAN LIVE SHOW !~Zweiちゃんとワッショイしませんか~>
2016年6月19日(日)高田馬場CLUB PHASE
1.純情スペクトラ
2.STAR QUEEN
3.GATEWAY LOVE
4.Denny 5.MONSTER
6.ソラノシズク
7.Red Zone
8.永劫心理のフェルマータ
9.Dragon
10.1+1=2
11.Pretty Queen (AC)
12.拡張プレイス (AC)
13.ライヤ
14.My name is Megu(Megu solo)
15.Re:Set
16.WANNA
17.H-A-R-D-E-R
18.恋ガレヨ
19.流星スパイラル

最終更新:6月30日(木)16時37分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。