ここから本文です

キース・リチャーズ、BBCのドキュメンタリーで戦後を語る

BARKS 6月30日(木)10時52分配信

来月、英国の公共放送BBC 2が、キース・リチャーズをフィーチャーした1時間のドキュメンタリー『Keith Richards ? The Origin of the Species』を放送する。これは、『My Generation』シリーズの1つで、キースは、第2次世界大戦中から終戦直後に生まれた彼らの世代について語っているという。

◆キース・リチャーズ画像

ジュリアン・テンプルが監督したこのドキュメンタリーの中で、キースは「50年代終わりから60年代初め、変化が訪れているという感覚があった」と話しているそうだ。「ハロルド・マクミラン(当時の首相)が実際、“変革の風”とかなんとか言ってた。でも、彼は全く同じ意味で言ったわけじゃない。俺は間違いなく、俺らの時代を感じていた。起きていること、あのときの雰囲気は、クライマックスを迎えていると。世界はいま俺らのものだ。上がることも落ちることもできるってね」

キースはまた、9月の週末、BBC 4の番組の編成も手掛けるという。この2日間の夜、同局ではキースが選んだ映画やドキュメンタリー、ライブ・パフォーマンスなどを放送するそうだ。

どちらも間もなく放送日が発表される。

Ako Suzuki

最終更新:6月30日(木)10時52分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。