ここから本文です

スリップノットのコリィ、ステージで倒れる

BARKS 7月1日(金)23時31分配信

火曜日(6月28日)、マリリン・マンソンとのジョイント・ツアーをスタートし、脊椎手術後初めてステージに立ったスリップノットのフロントマン、コリィ・テイラーが、翌日(29日)開かれたアトランタ公演で倒れたという。

現時点で詳細は不明だが、観客の話では、テイラーはショウの終わり、オーディエンスに感謝し手を振るなどしていた際に倒れ込み、「1人では起き上がれず、クルーに支えられ、ステージを降りた」そうだ。彼の身体は震えていた、救急隊員がバックステージに駆けつけるのを見たというファンもいた。

復帰したばかりでまたもや受難かと心配されたが、テイラーはすぐにTwitterを通じコメントを発表、「年のせいだ」と笑い飛ばした。「アトランタ:ハハ、心配するな、俺は大丈夫だ。倒れたのは年のせいだと思うよ! ったく、痛いぜ、でも、ったくなんて凄いオーディエンスだ! またすぐに会おう!」

これが原因かはわからないが、アトランタはこの日ただでさえ暑かった上、テイラーは頸椎カラーをつけていた。

彼らは次回、金曜日(7月1日)にサウス・フロリダでパフォーマンス予定。現在のところ、ツアーに支障はないようだ。

Ako Suzuki

最終更新:7月1日(金)23時31分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。