ここから本文です

ボブ・ディラン、20歳のときのインタビューがアニメに

BARKS 7月3日(日)21時57分配信

1962年3月11日、20歳だったボブ・ディランがNYのWBAI 99.5FMで受けたインタビューの音源をもとにしたアニメーションが制作された。

◆アニメーション映像

ディランはNYに出てきて、グリニッジ・ヴィレッジのコーヒーハウスで弾き語りを始め、午後2時から6時間半プレイし1ドルとチーズバーガーをもらったことやギターを弾きながらハーモニカーを吹くのに苦労したこと(歯がボロボロになったそうだ)、10代のときカーニバル(移動遊園地)で働いていたときの出来事などを話している。

やや緊張気味(?)で、初々しく、ユーモアにあふれた貴重なこのインタビューは、デビュー・アルバム『Bob Dylan』がリリースされる数日前に行なわれた。彼はここで、「The Death Of Emmett Till」「Standing On The Highway」、ハウリン・ウルフやハンク・ウィリアムズ、ウッディ・ガスリーのカバーなどを演奏したそうだ。

インタビュー内容にそったアニメーションは、アメリカの公共放送サービスPBSが制作した。

Ako Suzuki

最終更新:7月3日(日)21時57分

BARKS