ここから本文です

27歳で逝去したアントン・イェルチン、出演作4本をオールナイト上映

CINRA.NET 6月30日(木)13時3分配信

オールナイト上映イベント『さよなら、アントン・イェルチン ~君が生きた証~』が、8月13日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

【もっと画像を見る(8枚)】

6月19日に事故によって27歳の若さで逝去したアントン・イェルチン。子役として俳優活動を開始し、『ターミネーター4』やJ・J・エイブラムス監督のリブート版『スター・トレック』などに出演した。

今回のイベントではイェルチンの出演作品を上映。『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』『ゾンビ・ガール』『ラスト・リベンジ』『君が生きた証』の4本がラインナップされている。チケットは新文芸坐の窓口で先行販売中。

CINRA.NET

最終更新:6月30日(木)13時3分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。