ここから本文です

フェデラーが予選勝者のウィリスを下して3回戦進出 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6月30日(木)2時50分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス2回戦で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が世界ランク772位の予選勝者、マーカス・ウィリス(イギリス)を6-0 6-3 6-4で下して3回戦に駒を進めた。試合時間は1時間24分。

ジョコビッチがマナリノをストレートで退け3回戦へ [ウィンブルドン]

 ウィンブルドンには18年連続出場となるフェデラーは、2003年からの5連覇を含めて史上最多タイの優勝7回。昨年は10度目の決勝進出を果たしたが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-7(1) 7-6(10) 4-6 3-6で敗れている。

 敗れたウィリスは予選1回戦で、杉田祐一(三菱電機)を1-6 6-4 6-1で破っていた。

 フェデラーは3回戦で、第30シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)とダニエル・エバンズ(イギリス)の勝者と対戦する。

 そのほか順延となっていた1回戦の試合では、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第10シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、第19シードのバーナード・トミック(オーストラリア)、第27シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)らが勝ち上がった。

 なお、この日行われる予定だった錦織圭(日清食品)とジュリアン・ベネトー(フランス)の試合を含む男子シングルス2回戦8試合は、延期されることが決まっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス2回戦 主な試合結果】

○1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-4 6-3 7-6(5) ●4アドリアン・マナリノ(フランス)

○33ロジャー・フェデラー(スイス)[3] 6-0 6-3 6-4 ●36マーカス・ウィリス(イギリス)[Q]

--------------------

【男子シングルス1回戦 主な試合結果】

○65ドミニク・ティーム(オーストリア)[8] 7-5 6-4 6-4 ●66フロリアン・マイヤー(ドイツ)

○67イリ・ベセリ(チェコ)6-2 6-4 7-6(7) ●68イゴール・セーズリング(オランダ)[Q]

○73アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[24] 6-3 6-4 6-2 ●74ポール アンリ・マチュー(フランス)

○80トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[10] 7-6(5) 5-7 6-1 7-6(2) ●79イバン・ドディグ(クロアチア)

○86ラドゥ・アルボット(モルドバ)[Q] 3-6 6-2 7-5 6-4 ●85ガスタン・エリアス(ポルトガル)

○88バーナード・トミック(オーストラリア)[19] 4-6 6-3 6-3 3-6 6-4 ●87フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JUNE 29: Marcus Willis of Great Britain and Roger Federer of Switzerland shake hands following the Men's Singles second round match on day three of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 29, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月30日(木)3時9分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。