ここから本文です

九州南部 30日夕方にかけて土砂災害に警戒

ウェザーマップ 6月30日(木)11時1分配信

 九州南部ではきょう(30日)夕方にかけて、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。
 梅雨前線が九州に停滞し、大気の状態が非常に不安定となっている。鹿児島県や宮崎県では27日の降り始めからの雨量が400ミリから500ミリに達し、土砂災害の危険性が高い状態が続いている。気象庁は今後、雨が弱まっても、これまでの大雨で地盤が非常に緩んでいる所が多いとして、引き続き土砂災害に厳重な警戒を呼びかけている。

最終更新:6月30日(木)11時30分

ウェザーマップ

【生中継】小池百合子都知事の会見