ここから本文です

女子高生17人盗撮 巡査長「拝命後は欲望を抑えていたが…」 千葉県警が減給処分

千葉日報オンライン 6/30(木) 11:08配信

 女子高生のスカート内をスマートフォンで動画撮影したとして、千葉県警監察官室は29日、習志野署に県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕されていた、市川市大和田5、千葉中央署地域課、福田竹人巡査長(26)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分としたと発表した。福田巡査長は「大学時代から盗撮に興味があった」などと供述、県警の調べでこれまでに17人の女子高生が被害に遭っていたことが判明した。福田巡査長は同日付で依願退職した。

 福田巡査長は今月6日午後4時35分ごろ、JR総武線津田沼駅北口デッキとつながる商業ビルの階段などで、いずれも船橋市内に住む高校3年生の17歳と18歳の女子生徒に後ろから近づき、スカート内をスマホで動画撮影した疑いで逮捕されていた。警戒中の鉄道警察隊員が、犯行を目撃し取り押さえていた。

 監察官室によると、逮捕される約30分前の同日午後4時10分ごろにも、新鎌ケ谷駅ホーム上で女子高生(17)の背後からスカート内を隠し撮りしていた。福田巡査長の供述やスマホの解析を進めた結果、5月2日と11日にも盗撮をしていたことが判明。計17人の女子高生がスカート内を動画撮影される被害に遭っていたという。

 福田巡査長は「警察官拝命後は欲望を抑えていたが、仕事や人間関係、家庭でストレスがたまり、どうにでもなれという思いで盗撮に走った」などと供述しているという。

 県警は23日、福田巡査長の同容疑の捜査を終結し、千葉地検に書類送検した。

 古川等・首席監察官は「治安を守るべき警察官がこのような事案を起こし、被害者、県民に心からおわびする。職員に対する職務倫理の徹底を図るとともに、県民の信頼回復に努める」とコメントした。

最終更新:6/30(木) 11:08

千葉日報オンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革