ここから本文です

北京で地盤沈下が深刻化、年最大11センチずつ低下 報告

The Telegraph 6/30(木) 12:00配信

【記者:Neil Connor】
 中国の首都・北京(Beijing)で、地下水の減少により毎年最大11センチずつ地盤沈下が進んでいることを示す新たな報告書が発表された。この環境問題は、急発展を遂げる同国内の他の多くの都市でも共通しているという。

 この新研究では衛星画像を利用し、北京の中でも最も開発が進んだ地域で毎年11センチずつ地盤沈下している状況を指摘。この現象は市民の安全を脅かし、特に鉄道網にとって大きなリスクとなっている。

 中国で広がる地盤沈下問題の原因は、地下水の過度のくみ上げと特定されている。この問題は、少なくとも50都市で発生しているとされる。

 北京では1935年から地盤沈下が続いているが、今月オープンアクセス誌「リモート・センシング(Remote Sensing)」で発表された最近の研究で、「地盤沈下の進行度と規模が増加傾向を示している」ことが明らかになったという。

 これによると、「華北平原(North China Plain)の北限に位置する北京は、世界で最も水ストレスの大きい都市ランキングで5位」につけており、「農工業や家庭用水の主な水源となっているのが地下水で、都市の急速な発展により、北京の水需要は増加している」という。

 地盤沈下が最も深刻であることが分かった朝陽(Chaoyang)区には、高層のホテルやオフィスビルが立ち並ぶ商務中心区(CBD)がある。

 政府は2012年、20センチ以上沈下した土地が全国で最大7万9000平方キロに達したと発表した。国務院(内閣)は、地盤沈下に歯止めをかける計画を承認。多くの都市に地下水の利用制限について厳しい措置を講じるよう求めている。

 上海(Shanghai)当局は4月、市内平均の地盤沈下を当局が「安全レベル」とみなす5ミリに抑えたと発表した。関係者らの話では、海抜わずか4メートルほどの上海で、2010~15年の間に地盤が毎年7ミリメートルずつ沈下していたという。【翻訳編集】AFPBB News

最終更新:6/30(木) 12:00

The Telegraph