ここから本文です

釣り情報【由良川】雨でアユ釣り不調 7月1日に網漁解禁

両丹日日新聞 6月30日(木)15時4分配信

 京都府北部を流れる由良川でアユ釣りが解禁になってちょうど1カ月。7月1日からは網漁が解禁される。梅雨で増水し、今のところ釣果はさえないだけに、今後に期待が集まる。

 福知山市の由良川漁協(瀬野照義組合長)によると、1日の解禁から10日間ほどは雨が降らず、水量が少なすぎて釣果は上がらなかった。その後は雨が降って、いったん回復したが、今度は雨の日が多く川に入れない状況が続いているという。

 これまでのところ、漁協に持ち込まれるアユは、多い日で300匹程度。例年なら毎日のように200~300匹入るが、今年は少ない。このため料理店などからの注文にも応じきれていない。サイズは体長16センチ前後が中心で、天然そ上のアユは20センチを超えるものもいる。

 1日午前6時に釣り専用区を除き網漁が解禁になる。今のところ、梅雨で水かさが増し、しばらくは網を入れられないかもしれないが、梅雨が明けて水位が下がれば平年並みの漁は期待できるのではないかと見ている。

週末の舞鶴湾の潮位

 【7月2日】満潮=1時1分(34センチ)11時38分(42センチ)▽干潮=5時51分(29センチ)19時26分(13センチ)
 【3日】満潮=2時5分(35センチ)12時25分(44センチ)▽干潮=6時40分(30センチ)20時17分(12センチ)

両丹日日新聞社

最終更新:6月30日(木)15時4分

両丹日日新聞