ここから本文です

東京でフルポイント狙うワラターズ。豪代表フーパー、フォラウなど先発

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月30日(木)23時28分配信

 2年ぶりのスーパーラグビー優勝をめざし、ブランビーズなどと激しいプレーオフスポット争いを繰り広げているワラターズ(オーストラリア)は、今週土曜日に東京・秩父宮ラグビー場でサンウルブズと対戦する。レギュラーシーズンは残り3節のため、1ポイントもおろそかにはできず、サンウルブズ戦勝利はもちろん、トライ量産によるボーナスポイントも狙う。

小瀧が先発でサンウルブズデビューへ! 金、山中、山下にもチャンス

 オーストラリア代表のスター選手が多く、注目は、欧州でのプレーを終えてワラターズに最近復帰したばかりのWTBタンゲレ・ナイヤラボロだ。身長195センチ、体重は130キロともいわれているこのジャイアントWTBは、先週土曜日のイングランド代表戦でトライを挙げており、波に乗っている。今季スーパーラグビー後にはパナソニック ワイルドナイツに加入することが決まっており、あいさつ代わりのパワフルランを披露しそうだ。

 だがバックラインで最も脅威なのは、前節のチーフス戦で2トライを挙げ、2年ぶりのトライ王が見えてきたイズラエル・フォラウに違いない。オーストラリア代表ではFBだが、今季ワラターズでは13番がなじんできた。今季スーパーラグビー12試合で走った距離は、全18チーム中トップの1004メートル。突破力、ボールキャリーの強さも数字に表れており、サンウルブズは止めるのに苦労するだろう。

 フォワードにはHOタタフ・ポロタナウやLOディーン・マム、NO8デイヴ・デニスなど経験豊富な選手がおり、セットプレーは安定している。身長203センチ、体重140キロの大型LOウィル・スケルトンは豪快な走りも魅力。そして、チーム屈指の運動量を誇る主将のFLマイケル・フーパーは、ブレイクダウン、タックル、トライアシストなどでワラターズのキーマンとなる。

 昨年のワールドカップで大活躍し、リコーブラックラムズでもプレーしたSOバーナード・フォーリーのプレーメイキングとゴールキックも注目だ。


<ワラターズ 試合登録メンバー/第15節 サンウルブズ戦> 

1.パディー・ライアン  2.タタフ・ポロタナウ  3.トム・ロバートソン  4.ディーン・マム  5.ウィル・スケルトン  6.ジャック・デンプシー  7.マイケル・フーパー(主将)  8.デイヴ・デニス(副将)  9.マット・ルーカス  10.バーナード・フォーリー  11.タンゲレ・ナイヤラボロ  12.ロブ・ホーン  13.イズラエル・フォラウ  14.リース・ロビンソン  15.アンドリュー・ケラウェイ  

〔リザーブ〕
16.ヒュー・ローチ  17.ジェレミー・ティルセ  18.アンガス・タアヴァオ  19.サム・ラウシ  20.ワイクリフ・パールー  21.ネド・ハニガン  22.ニック・フィップス  23.デイヴィッド・ホーウィッツ

最終更新:6月30日(木)23時28分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。