ここから本文です

氷室京介のやさしさに触れる『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT“』監督インタビュー

SENSORS 6/30(木) 19:00配信

“氷室京介の生き様“に迫る密着ドキュメンタリー『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT“』。7/1(金)より「THEATER EDITION」が全国映画館で二週間限定で上映、Huluでは「PERFECT EDITION」が順次公開されている。
ベールに包まれた氷室京介の2010年からの6年間、およそ180時間に及ぶ密着映像とトータル6時間以上にわたるロングインタビューを交えて送るドキュメンタリー作品を監督した日本テレビ 山崎大介を取材した。

今年5月に行われた『LAST GIGS』ツアーにて自身のライブ活動無期限休止となった氷室京介。伝説のバンド・BOOWY時代から始まる35年間に、彼の歌声を聞いたことが無い日本人はいないのではないか?と思うほど多くの人に愛された氷室京介の歌声。ただ、彼の人となりを知るチャンスは少なかった。それは拠点を米国ロサンゼルスに移したこともあるだろうし、他にも理由はあるかもしれない。そのベールに包まれた氷室京介のリアルな生き様に迫るドキュメンタリーを作った人物がいる。日本テレビ山崎大介だ。彼はなぜ氷室京介の密着取材が行えたのだろうか?山崎が氷室京介に求めたもの、そして密着を通して見えてきた“氷室京介“について伺った。

“五十にして天命を知る“、ここからストーリーは始まる

--2010年から6年間密着を続けられたことに驚きと感動を覚えます。山崎さんは氷室京介さんのどこに惚れて密着取材を行ったのでしょうか?

山崎: どこに惚れたか、ではないんです。「BOOWY世代」という言葉に象徴されると思うのですが、僕はBOOWYを聞くのが当たり前の人生だったんです。高校の修学旅行では全員でマリオネットを熱唱したり、バンド活動する仲間がコピーするのは必ずBOOWYだったり。氷室京介さんに“惚れた“のではなく空気感やメンタリティティとしてそこに存在していたのです。

--では何がキッカケとなり密着取材がスタートしたのでしょうか?

山崎: 氷室さんが50歳になるというタイミングで僕はちょうど『NEWS ZERO』のプロデューサーでして、「氷室さんが50歳になるという事実、これは既にニュースだ!」と思って企画を作りました。 氷室さんが50歳になるタイミングで、氷室京介さん50歳 / オリジナル・アルバム『“B“ORDERLESS』リリース / 50歳で50公演実施、というニュースが出て「もうこれを逃したら一生氷室さんを取材できない!!」と考え、企画書を書きました。

--Huluで『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT“』を見ましたが、そこで氷室さんご自身が「刺さった企画書」と言われていた企画書ですね?

山崎: “五十にして天命を知る“と書いた企画書を出しました。ドキュメンタリーの中でも氷室さんにコメント頂いていた企画書です。
企画書の内容は氷室さんの生き様に迫るというものですが、実は一回断られているのです。「何も語ることは無い」と。ですが、ありがたいことに敗者復活のチャンスをもらい、その後急遽「ロサンゼルスに撮影に来い」という話になったのです。氷室さんから取材OKを頂いた喜びと、“いきなり撮影?!本当に撮影できるのか?“半信半疑の気持ちが入り混じった状態でロサンゼルスに飛んだ時のことを鮮明に覚えています。
指定されたスタジオ前で氷室さんをお待ちする際には、本当にソワソワ、ドキドキしながら待たせていただきました。

--ドキュメンタリーにもありましたね、スタジオ前で打合せ待ちをしている場所に黒いベントレーで現れたのが氷室さんだった。

山崎: 「本物の氷室さんだー!」と(笑)
高校時代からのファンなので緊張もしましたが、それまでのテレビマンとしてのキャリアでアスリートやアーティストとのコミュニケーションの距離感、取材の視点や人間関係の作り方などノウハウを学んでいたのでその集大成をぶつけて取り組みました。

--アーティストと向き合うノウハウについて掘り下げて教えていただけますか?

山崎: 他の方は遠慮したり空気を読んだりするんだろうけど、僕は視聴者やファンの代表として「問いかける」事が多いんです。僕としては当たり前のことなのですが、アーティストからは珍しいと思うらしく。ゆずの北川悠仁さんなどは「山崎さんと話をしていると、自分が鏡に向かって話をしているようだ」と言ってくれます。つまり、自分が考えるべきことを問いかけてくれる存在だと。
僕がテレビ局に入ったキッカケも「こんなすげーやつが世の中いるんだぜ!」ということを伝えたかっただけで、その仕事を全うしているだけです。ファンとは変わらない。そういう意識で仕事しています。そうするとアスリートやアーティストも彼らの「門」を開けてくれるのです。

1/4ページ

最終更新:6/30(木) 19:00

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]