ここから本文です

ラドバンスカ、ベンチッチ、クビトバらが初戦を突破 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6/30(木) 7:30配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス1回戦で、第7シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)がツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)を6-2 6-3で倒して初戦を突破した。試合時間は1時間17分。

日比野菜緒は初戦で元世界9位のペトコビッチに敗退 [ウィンブルドン]

 この試合は雨のため、屋根の閉じたセンターコートに移動して行われた。

 ベンチッチは2回戦で、予選勝者のジュリア・ボズラップ(アメリカ)と対戦する。ボズラップは1回戦で、同じく予選勝者のタチアナ・マリア(ドイツ)を6-4 0-6 6-2で下しての勝ち上がり。

 そのほかの試合では、第3シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)、第10シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、第16シードのジョハナ・コンタ(イギリス)、第21シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)、第32シードのアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)らが初戦を勝ち上がっている。

 この日はボトムハーフの女子シングルス2回戦16試合が予定されていたが、降雨によりすべてキャンセル。順延となっていたトップハーフの女子シングルス1回戦は、残り8試合が翌日以降に順延となった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス1回戦 主な試合結果】

5ヘザー・ワトソン(イギリス)6-3 0-6 0-1(15-30) 順延 6アニカ・ベック(ドイツ)

7アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)中止 8クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)[31]

9スローン・スティーブンス(アメリカ)[18] 6-6 順延 10ペン・シューアイ(中国)

11マンディ・ミネラ(ルクセンブルク)[Q] 3-1(15-15) 順延 12アンナ・タチシュビリ(アメリカ)

17ティメア・バシンスキー(スイス)[11] 中止 18ルクシカ・クンクン(タイ)[Q]

19モニカ・ニクレスク(ルーマニア)中止 20アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)[Q]

○24アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)[21] 7-5 1-6 6-1 ●23シェイ・スーウェイ(台湾)

○33アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)[3] 6-2 6-1 ●34カテリーナ・コズロバ(ウクライナ)

○36アナ・コニュ(クロアチア)6-3 6-3 ●35カリン・クナップ(イタリア)

○45ユージェニー・ブシャール(カナダ)6-3 6-4 ●46マグダレナ・リバリコバ(スロバキア)

○48ジョハナ・コンタ(イギリス)[16] 6-1 7-5 ●47モニカ・プイグ(プエルトリコ)

○49ペトラ・クビトバ(チェコ)[10] 6-0 6-4 ●50ソラナ・シルステア(ルーマニア)

51エカテリーナ・マカロワ(ロシア)中止 52ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)

○53エフゲニヤ・ロディナ(ロシア)[WC] 6-3 7-5 ●54レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)

55アネット・コンタベイト(エストニア)3-2(15-40) 順延 56バーボラ・ストリコバ(チェコ)[24]

○57アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)[32] 3-6 7-5 6-2 ●58日比野菜緒(日本/フリー)

○61ジュリア・ボズラップ(アメリカ)[Q] 6-4 0-6 6-2 ●62タチアナ・マリア(ドイツ)[Q]

○64ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[7] 6-2 6-3 ●63ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JUNE 29: Belinda Bencic of Switzerland celebrates victory during the Ladies Singles second round match against Tsvetana Pironkova of Bulgaria on day three of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 29, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6/30(木) 7:30

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革