ここから本文です

ドコモがライオンズの闘将獲得! 現南ア代表NO8ホワイトリー加入!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月30日(木)23時30分配信

 トップウェストAリーグへ6季ぶりの降格となり、1年でのトップリーグ再昇格をめざすNTTドコモレッドハリケーンズが、南アフリカからまた新たな戦力を獲得した。

2011年W杯優勝メンバーのコーリー・ジェーン、東芝入り正式発表!

 今春、サンウルブズで活躍しているFBリアン・フィルヨーンの2季ぶりのチーム復帰を発表し、新しい指揮官にはU20南ア代表ヘッドコーチを6年間務めてきたダヴィー・セロンを招へい。そして6月30日、現南ア代表であるNO8ワーレン・ホワイトリー(28歳)と、キングズの中心選手であるユーティリティBKユルゲン・ヴィサー(26歳)の加入を明らかにした。

 ホワイトリーは、今季スーパーラグビーで南アグループの首位を走るライオンズの主将。これまで全12試合に先発出場してタックル成功率は95.9%という優れた数字を残しており、セブンズで鍛えた走力も魅力だ。
 昨年のワールドカップスコッドには入らなかったが、今年はスーパーラグビーの活躍が認められて南ア代表に復帰し、6月のアイルランド戦は全3試合に出場。第2戦では後半に軽快なステップワークからトライを挙げて逆転勝利への口火を切ると、第3戦では初先発でフル出場し、テストシリーズ勝ち越しに大きく貢献した。
 25日のアイルランド戦で右肩を負傷し、スーパーラグビーの残り試合への出場は絶望視されているホワイトリーだが、8月中旬までには回復すると見られている。
 8月20日から10月8日まで開催される南半球4か国対抗戦(ラグビーチャンピオンシップ)や、11月に欧州ツアーをおこなう南ア代表に招集される可能性があるが、リーダーシップの評価も高いこの闘将は、ドコモにとっての大事なシーズン終盤に大きな戦力となるのは間違いない。

最終更新:6月30日(木)23時30分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]