ここから本文です

仙台~石巻間の仙石東北ライン、一部列車が女川発着に 8月運転開始

乗りものニュース 6月30日(木)17時14分配信

上り始発と下り最終が女川直通に

 JR東日本・仙台支社は2016年6月29日(水)、女川町と石巻市への復興支援の一環として、仙石東北ラインの一部列車を石巻線の女川駅(宮城県女川町)まで直通運転させると発表しました。

 8月6日(土)から、仙石東北ラインの上り始発列車と下り最終列車の2本が、仙台~塩釜~石巻~女川間で直通運転を始めます。列車の詳しい時刻と停車駅は次のとおりです。

・上り:女川発6時5分、石巻発6時36分、仙台着7時35分
・下り:仙台発20時23分、石巻着21時20分、女川着22時18分
・停車駅(2本共通):仙台、塩釜、高城町、野蒜、陸前小野、矢本、陸前赤井、蛇田、陸前山下、石巻~女川間の各駅

 なお、これにあわせ、女川発6時19分の古川行き列車は始発駅が石巻に、小牛田発21時6分の女川行き列車は終着駅が石巻にそれぞれ変更されます。

 仙石東北ラインは仙台駅(仙台市青葉区)と石巻駅(宮城県石巻市)を東北本線と仙石線経由で結んでいます。2015年5月30日に開業。車両は、電気方式が異なる東北本線と仙石線、そして新たに設けられた非電化の仙石線・東北本線接続線を直通運転できるように、ディーゼルハイブリッドシステムを搭載したHB-E210系ディーゼルカーが使用されています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月30日(木)17時14分

乗りものニュース