ここから本文です

「初めて観る僕達の姿に驚かないで」BIGBANG、ドキュメンタリー映画公開記念舞台挨拶に登場。

E-TALENTBANK 6月30日(木)17時40分配信

6月28日(火)、韓国ソウル・永登浦(ヨンドゥンポ) 「TIMES SQUARE」映画館「CGV」にて、BIGBANGのメンバー5人登壇し、映画「BIGBANG MADE」舞台挨拶が行われ、日本の映画館51館で、その様子が生中継された。

映画「BIGBANG MADE」は2015年4月に完全体で3年ぶりのカムバックを遂げ、全世界13ヶ国・地域32都市66公演で約150万人を動員した自身2度目となるワールドツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE]】の全340日間の記録を収めた、BIGBANGとして初となるドキュメンタリー映画だ(韓国では2016年6月30日より公開)。

BIGBANGのメンバーは舞台挨拶で、「僕達の映画をたくさんの方に見て欲しいです。貴重な時間を共に過ごしてくれてありがとうございました。これからももっと良い姿を見せられるよう努力していきますので、見守っていてください。そして愛してください、ありがとうございます。」(G-DRAGON)「映画を楽しんでください。初めて観る僕達の姿に驚かないでくださいね。いつもありがとうございます。」(T.O.P)「映画をたくさん愛してください。これからももっと良い音楽を通して皆さんに会いたいと思います。機会があればまたこのような映画を企画してみたいと思います。たくさん愛してください!ありがとうございました。」(SOL)「10年もの間たくさんの愛をくださって本当にありがとうございます。この映画がファンの方の愛に対してのお返しになればいいなと思います。どうもありがとうございます。」(D-LITE)「皆さん 映画を楽しんでください!そしてこれからもたくさん愛してください!」(V.I)とそれぞれ挨拶した。

日本で上映される映画本編は、3月に韓国で行われたファイナル公演【2016 BIGBANG WORLD TOUR [MADE] FINAL IN SEOUL】より「BANG BANG BANG」のフルステージを収録した日本限定のスペシャルエディションとなっている。

「BIGBANG MADE~韓国舞台挨拶生中継&先行上映会~」では韓国語で実施された舞台挨拶と、日本版の映画本編が上映。映画館に集結した大勢のファンは、久しぶりの5人の姿、そして映画本編の中で赤裸々に描かれた彼らの素顔に熱い視線を寄せていた。


映画「BIGBANG MADE」
7月2日(土)よりTOHOシネマズ新宿他 全国期間限定公開

最終更新:6月30日(木)17時40分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。