ここから本文です

【MLB】田中将大今季最多タイ6失点で降板! 西地区独走レンジャーズにつかまる

Full-Count 6/30(木) 10:18配信

乱調の3回、無死満塁から新人マザラに走者一掃二塁打浴びる

 今季6勝目を目指すヤンキース田中将大投手が29日(日本時間30日)、本拠地で行われたレンジャーズ戦に先発し、強力打線にKOされた。6回を8安打7奪三振1四球で6失点(自責6)。防御率は3.35。なんとか6回を投げきったものの、苦しい投球内容となった。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 この日迎え撃ったのは、ア・リーグ西地区の首位を独走するレンジャーズだった。初回は低めの制球でスライダーやスプリットを生かしながら無失点。だが、2回は先頭フィルダーにセンターへの二塁打を許すと、1死を奪った後にアンドラスに初球を左前に運ばれ、1点を先制される。

 2回裏にヘッドリーの5号ソロで味方打線が同点に追いついてくれたが、3回は先頭から2連打と四球で、いきなり無死満塁のピンチを迎える。打席に立つのは、新人ながら3番に座るマザラ。フルカウントまで粘られた上、真ん中に甘く入ったスライダーを右中間に運ばれ、走者一掃の勝ち越し二塁打とされた。その後も1死三塁からフィルダーが一塁手のグラブを弾く適時打。ジラルディ監督は、たまらず中継ぎ投手を用意するが、田中はなんとか後続を打ち取り、さらなる失点を食い止めた。

 ここから気を取り直して、4回は2死から走者を背負うが無失点。5回は3者凡退に締めくくり、4点ビハインドのまま点差を保った。

 96球でマウンドに戻った6回、先頭オドルに2球目スライダーを強振され、左翼席最前列に飛び込むソロ弾とされ、ダメ押しの追加点を許してしまう。球数もかさんでいたため、降板かと思われたが続投。後続3人を打ち取って、何とか6回を投げきった。

 前回ツインズ戦から中4日の登板だったこの日。球数は110球(76ストライク)に達したが、リリーフ陣の負担を減らす粘投で気持ちを見せた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/30(木) 11:09

Full-Count