ここから本文です

非鉄企業の株主総会ピーク、円高の影響 関心高く

日刊産業新聞 6月30日(木)12時11分配信

 製錬、電線、軽圧、建材など、3月期決算の非鉄大手各社の株主総会が先週から始まり、29日にピークを迎えた。直近の事業環境としては、為替が円高に進展するほか、消費税引き上げの先送りなど、景気の先行きに不透明感も台頭。こうした状況を受け、今後の事業見通しや配当政策、株価に関する質問が目立った。さらに、上場企業各社のグローバル展開が加速していることなどを踏まえ、前週の国民投票による英国のEU離脱が大きな話題になったことを反映し、英国問題がどのような影響を及ぼすかの質問も相次いだ。

最終更新:6月30日(木)12時11分

日刊産業新聞