ここから本文です

ジョコビッチ、グランドスラムで連続30試合目の勝利 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6月30日(木)16時0分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス2回戦で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がアドリアン・マナリノ(フランス)を6-4 6-3 7-6(5)で下してグランドスラムで連続30勝目を記録して、またも歴史に新たな印を刻んだ。

ジョコビッチがマナリノをストレートで退け3回戦へ [ウィンブルドン]

 雨天のため、閉じられた屋根の下で獲得したこの勝利は、ジョコビッチにテニス史上3番目となるグランドスラム大会連勝記録の地位を与えた。31連勝を記録したロッド・レーバー(オーストラリア)、それ以前に37連勝を記録したドン・バッジ(アメリカ)が彼の前にいるのみで、現役選手では彼だけだ。

 30連勝にたどり着いたことについて驚いているか、と聞かれたジョコビッチは、「いや、それほどでもない。なぜって、僕は自分から多くを期待しているからね」と答えた。

「でも、言うまでもなく、僕らのスポーツでもっとも重要なグランドスラム大会において、一貫してハイレベルでプレーできていることをありがたいと思っている。確かにそれは僕が非常に誇りに思っている記録だ」と彼は言い添えた。

 ジョコビッチは2015年の全仏オープン決勝でスタン・ワウリンカ(スイス)に屈して以来、グランドスラム大会で負けていない。彼は今大会で4度目のウィンブルドン・タイトルを目指し、それはグランドスラム大会で5連続の、13番目のタイトルでもある。彼は今週2試合を戦い、まだセットを落としていない。2回戦は28歳の誕生日にプレーした世界55位のマナリノに対し、大部分で問題なくプレーした。

 だが、ジョコビッチが試合を締めくくろうと5-4からサービスに入ったとき、試合はにわかに活気づいた。彼はそのとき7本目、8本目に当たる2本のダブルフォールトをおかし、マナリノに初めてのブレークを許したのだ。その後のタイブレークでは、ジョコビッチがいくつかのクロスへのウィナーを打ち込んで5-2とリード。そして、その2ポイント後にマナリノが柔らかなドロップショットを放った。

 ジョコビッチは前方にダッシュしたが、滑って背中から倒れ、ラケットが宙に飛んでボールはネットにかかった。幸いジョコビッチはどこも痛めてはおらず淡々とプレーを続けると、その3ポイント後には試合に終止符を打った。

 この試合は最初から最後まで、閉じられた開閉式の屋根の下で行われた。降り続く雨が地面を打ち、ほかのすべてのコートは開始時間が遅れることになった。

「屋根が閉じられたときの雰囲気は、より独特だ」とジョコビッチ。「音がより響くんだよ。僕が第3セットで5-4からのサービスをキープしそこなったとき、観客たちが熱くなり始めた。楽しかったね」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:6月30日(木)16時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]