ここから本文です

“もっとも稼いでいる”モデルのジョーダン・ダン、シングルマザーの苦しみを告白

ELLE ONLINE 6/30(木) 21:20配信

この2年連続で「フォーブス」誌の“もっとも稼いだモデル10人”にも挙げられ、この春にはデザイナーとしてキッズコレクション「リル・ロンドン・バイ・ジョーダン・ダン」を発表したジョーダン・ダンが、今発売中のエル・ジャポン8月号で、6歳の息子についてインタビューに答えている。

15歳のときにスカウトからモデルになり、19歳で息子のライリーを生んでまもなくシングルマザーに。「息子は遺伝性の貧血病を抱えていて、私は彼が元気でいてくれるだけで幸せ。仕事のトラブルやモデル契約をキャンセルされてもクヨクヨしない。だって私は息子のライフラインだから」。ライリーの食費と学費と医療費のために働くという思いを常に持っているという。

「ライリーを妊娠しているとわかった直後に恋人が服役することになったの」とも告白。涙に暮れていた彼女を叱咤激励し、いまも支えてくれるのが母だと話す。彼女自身の母もシングルマザーで、ジョーダンと弟ふたりを女手ひとつで育てた苦労人。「母の影響は大きいわ。『子供が生まれるんだから泣いてるヒマはないのよ、やるべきことをやらなくちゃ』と言ってくれた」

エル・ジャポンのカバーガールとなった彼女の手には、息子ライリーの名前がタトゥーとして刻まれている。

最終更新:6/30(木) 21:20

ELLE ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革