ここから本文です

“メッシvsロナウド”以来の新テーマ!? ベルギー代表DF「ベイルはアザールより少し上にいる。アザールは継続性が……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/30(木) 15:50配信

やはりベイルは要警戒?

7月1日のユーロ2016準々決勝でウェールズ代表と激突するベルギー代表のDFジョルダン・ルカクが、チームメイトと敵のエースを比較している。

このDFは代表で共に戦うベルギー屈指のタレント、エデン・アザールよりも優れた選手が対戦相手のウェールズにいると話した。彼がチームメイトを差し置いて称賛のコメントを送ったのは、レアル・マドリードでも異彩を放つあのアタッカーだ。『LIPUTAN 6』がルカクのコメントを伝えている。

「ベイルはアザールよりも少し上にいると僕は思っているよ。ベイルの方がより長く、トップレベルでプレイできているからさ。クラブで必要とされるとき、ベイルは必ずそこに居てくれるよね。アザールにはまだそのような継続性が無いよ」

だが、勝敗については話は異なるだろう。

「チームの分析スタッフがベイルやラムジーを制御する術を伝達してくれるはずだよ。彼らがウェールズで最も強力な選手たちだからね。もちろん僕らは彼らへの対抗策を見出すつもりだ」

2人のスーパースターを赤裸々に比較しながらも、ウェールズ戦への自信は覗かせたルカク。彼の指摘する通り、ベイルはアザールよりも“少し上な”プレイを披露するのだろうか。大一番に向け、期待は高まるばかりだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/30(木) 15:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]