ここから本文です

【MLB】ダルビッシュDL入り後初実戦 捕手も好感触「シンカーが特に印象的」

Full-Count 6月30日(木)12時45分配信

実戦形式で46球、3回を1安打1失点、投手コーチ「とても良かった」と高評価

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が29日(日本時間30日)、故障者リスト(DL)入り後初めて実戦形式の投球を行った。46球を投げて、安打性はプロファーに浴びた右越えソロのみ。3回を1安打1失点だった。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 今季、右肘靱帯再建手術から復帰した右腕は3戦目の6月8日(同9日)のアストロズ戦で右肩の違和感を訴えて5回で降板。13日(同14日)に大事をとってDL入りしていた。

 この日の投球を受けたホラデー捕手は「バッターの反応を見て分かるようにいいボールがきていた。シンカーが特によく動いていて印象的だった」と右腕の仕上がりに好感触をつかんだ様子。一方、ブロケール投手コーチは「とても良かった」と話しつつも、「大事なのは明日の状態。それを見てから次について判断することになる」と慎重に調整させる方針を示した。

 次回はマイナーでのリハビリ登板か、もしくは同じく実戦形式で60球を目処に投げる見通しとなっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月30日(木)12時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。