ここから本文です

カシマでの日本代表戦は12年ぶり 11月11日にオマーンと対戦 指揮官「アジアでもトップレベル」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月30日(木)17時42分配信

3度目の開催

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は、11月11日に茨城県立カシマサッカースタジアムで行われる国際親善試合「キリンチャレンジカップ2016」でオマーン代表と対戦することとなった。JFA(日本サッカー協会)の公式サイトが伝えている。

指揮官のハリルホジッチは対戦相手のオマーンについて「ワールドカップアジア最終予選の最中にアジアでもトップレベルのチームと対戦できることをうれしく思う」とコメント。「同じ中東のサウジアラビアと対戦するので、最終予選に向けた良い準備の場となる」と位置づけている。

カシマサッカースタジアムでの日本代表戦の開催は今回で3度目。2004年2月以来、約12年9か月ぶりとなる。ハリルホジッチ監督は「カシマスタジアムは視察で何度か訪れていますが、非常に雰囲気の良いスタジアムです。ファンのみなさんで一杯に埋まったスタジアムがきっと私たちを後押ししてくれることでしょう。多くのファンのみなさんと勝利の喜びを分かち合えることを楽しみにしています」と語っている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月30日(木)17時42分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]