ここから本文です

C・ロナウドがクロアチア戦で喜びを爆発させなかった理由は ロナウド「モドリッチが泣いていたからさ」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月30日(木)18時25分配信

チームメイトを気遣う

自身の放ったシュートをリカルド・クアレスマが押し込んだ際には右手を天高く突き上げたが、試合終了のホイッスルが鳴った時にはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは込み上げる喜びを抑えていた。

ポルトガルの選手、スタッフらはクロアチア代表を1-0で下した際に歓喜したが、ロナウドは喜び以上にレアル・マドリードでチームメイトのMFルカ・モドリッチの状態が気になっていたようだ。

モドリッチは終始試合を支配しながら延長戦の末に敗れたことを受け入れることができず、ピッチ上で涙を流していた。試合後にはベストチームの方が敗れたと悔しさを露わにしており、かなりのショックがあったのだろう。そこへ駆け寄ったのがレアルでチームメイトのDFペペ、そしてロナウドだった。

スペイン『as』によると、ロナウドは試合終了直後に大喜びしなかったことについて次のようにコメントしている。

「もちろん僕はクロアチアを倒せてハッピーだった。だけど、ピッチ上では喜べなかったよ。なぜなら同僚のモドリッチが泣いていたからさ。僕は彼を元気づける必要があったんだ」

同メディアはロナウドが相手に敬意を表していたと伝えており、クラブのチームメイトを気遣ったことを称えている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月30日(木)18時25分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]