ここから本文です

ヤクルト、“コリジョン・アピール”も…本塁アウトでビデオ検証、判定覆らず

Full-Count 6/30(木) 19:27配信

走路は空いていたが…真中監督がベンチから飛び出しビデオ検証に

 ヤクルト・真中満監督の“コリジョン・アピール”は実らなかった。

 30日の広島戦(マツダスタジアム)。3点リードの4回2死満塁だった。大引の打球は中前へ飛んだ。三塁走者・雄平は悠々と本塁生還。二塁走者・中村も本塁を狙ったが、丸の好返球にタッチアウトとなった。

 完全に走路は空いていたが、二塁走者・中村悠平は憮然とした表情で指差し、捕手・磯村が走路をふさいだ、とアピール。真中監督は小走りでグラウンドへ飛び出して、ビデオ検証を求めた。

 しかし、判定は覆らず。真中監督は仕方なしと言った表情でビデオ判定を聞き入れていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/30(木) 19:27

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。