ここから本文です

SB内川、史上67人目の通算300二塁打&2打席連続タイムリー 「翔の為に」

Full-Count 6月30日(木)20時3分配信

初回と3回にタイムリー、「逆転したくて打ちました」

 ソフトバンクの内川聖一内野手が、30日のロッテ戦(ヤフオクドーム)で通算300二塁打&2打席連続タイムリーをマークした。

「4番・一塁」でスタメン出場。1点を追う初回2死一塁で、唐川から右翼フェンス直撃の適時二塁打。史上67人目の通算300二塁打を達成する一打で同点に追いついた。

 さらに、3回2死二塁では唐川の139キロ直球を詰まりながらも勝ち越しの右前適時打。ベンチでは、本人の前で「打ったのはまっすぐかなどうしようかな、、、逆転したくて打ちました」と話した後に「いや、翔の為に打ちました」と笑顔。4番のバットがホークス打線を牽引している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月30日(木)20時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]