ここから本文です

DeNA久保、1年ぶり完封勝利で4勝目 3安打5K無四球&自ら適時打

Full-Count 6/30(木) 20:33配信

かつての本拠地・甲子園で躍動、「まだまだ良くなる点はある」

 DeNA久保康友投手が30日の阪神戦(甲子園)で先発し、今季初の完封勝利。4勝目を挙げた。

 かつての本拠地・甲子園で躍動した。5回まで完全投球。6回先頭・北條の遊撃内野安打で初安打を許したが、後続を3人で打ち取った。7回は2死から福留に右前安打を許したが、西岡を二ゴロ。8回1死一塁は中谷を空振り三振、代打・江越を空振り三振に抑えた。

 阪神打線に二塁を踏ませない投球で5奪三振無四球、3安打無失点。バットでは2回1死二、三塁で右前適時打を放ち、自らを助けた。昨年6月30日の中日戦(那覇)以来、1年ぶり完封勝利を挙げた。

 久保はヒーローインタビューで「結果は100点ですが、内容が100点になることはない。打たれるカウントにしてしまっている。まだまだ良くなる点はある。初対戦の選手がいたので、観察しながら投げた。丁寧に“引き”ながら投げました。結果は良かったですけど、突き詰めて投球をよくしていきたい」と納得の表情で振り返った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/30(木) 20:33

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]