ここから本文です

巨人澤村、暴投で決勝点献上…しかも“連続”、同点の9回に2失点で敗戦

Full-Count 6/30(木) 20:45配信

8回まで行き詰まる投手戦も…決勝点献上で中日若松に1失点完投許す

 巨人の澤村拓一投手が30日の中日戦で痛恨の“連続”暴投。決勝点を献上し、1-3で敗れた。巨人打線は中日若松に1失点完投を許した。

 同点の9回2死二、三塁。福田へのフルカウントからの6球目。フォークを外角低めへ引っかけた。捕手・実松もカバーしきれず、暴投で1点勝ち越された。

 さらに、2死一、三塁から続く打者の堂上へのボールが左打席付近へワンバウンド。これも暴投となり、土壇場の9回に2点差に広げられた。

 3回以降、両軍ゼロ行進。巨人・大竹、中日・若松の両先発の息詰まる投げ合いとなった。勝ち越しの瞬間、若松はベンチ前で大きくガッツポーズした。好ゲームが思わぬ形で動いてしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/30(木) 20:45

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]