ここから本文です

クリンスマンもイングランド代表監督に興味 キャラガー氏が代表経験豊富と後任に推す

theWORLD(ザ・ワールド) 6月30日(木)20時40分配信

ホジソンの後任を務めるのは

EURO2016決勝トーナメント1回戦敗退の責任を取る形でイングランド代表監督を辞任したロイ・ホジソンの代わりは誰が務めるのか。ここまではローラン・ブランやアーセン・ヴェンゲルなど外国人指揮官も候補に挙げられているが、イングランドサッカー協会(FA)は外国人監督でも優秀な人材なら招聘する案も考えている。

そこで現在注目を集めているのがアメリカ代表監督のユルゲン・クリンスマンだ。先日には元リヴァプールDFで現在は解説を務めるジェイミー・キャラガー氏がクリンスマンを後任に指名するべきと主張し、ドイツ代表を率いてワールドカップ3位、アメリカ代表でコパ・アメリカ4位の成績を収めたことを高く評価していた。

さらに英『Sky Sports』によると、クリンスマンもイングランド代表を率いることに興味を示しているという。FAは外国人監督を招聘する場合にはプレミアリーグでの実績を評価する考えを示していたが、クリンスマンは現役時代にトッテナムでプレイしている。指揮官として経験していないのは不安材料だが、代表チームの指揮に慣れている点は非常に心強い。

クリンスマンはまだアメリカ代表との契約が2年残っているが、キャラガー氏の希望は叶うか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月30日(木)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)