ここから本文です

高額な移籍金はイングランドの未来を潰したか 「移籍金は彼にとって最悪なものになった」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/30(木) 21:40配信

若手選手に期待をかけすぎたか

昨夏リヴァプールからマンチェスター・シティへ移籍したイングランド代表FWラヒーム・スターリングには、4900万ポンドもの移籍金が支払われた。これには当初から高すぎるのではといった声が挙がり、スターリングは若手選手ながら大きな期待を背負うことになった。

しかしマンCでは満足なパフォーマンスを見せることができず、EURO2016でも少々物足りなかった。英『METRO』の行ったEURO2016で失望させられたイングランド代表選手は誰かとのアンケート調査では、1番多い39%の票を集めたトッテナムFWハリー・ケインに次いでスターリングが28%もの票を集めてしまっている。

明らかにマンC移籍から何かがおかしくなっているが、かつてスターリングを指導したジョン・クレイス氏は高すぎる移籍金がスターリングを苦しめていると感じており、成長を待つ必要があると主張した。

「高額な移籍金は彼にとって最悪なものになったよ。スターリングはまだメンタル、戦術の両方を学んでいる最中なんだ。我々は彼の成長を待つ必要がある。悲しいことにこの国は始まったばかりの選手を消してしまうんだ。彼はまだイングランドにとって重要な選手になるし、数年後には我々にとって巨大な選手になっているかもしれないよ」

スターリングはリヴァプール時代に比べて自慢のスピードが失われたようにも感じられ、ここまで順調に成長しているとは言い難い。今大会でもスターリングには大きな期待がかかっていたが、年齢的にはデル・アリやエリック・ダイアーらと同じ若手選手だ。イングランド代表サポーターはスターリングに少々期待をかけすぎていたのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/30(木) 21:40

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]