ここから本文です

ヘイト予防へ庁内に連絡会 海老名市、警察と連携も検討

カナロコ by 神奈川新聞 6月30日(木)10時0分配信

 ヘイトスピーチ対策法の施行を受けて、海老名市は庁内に「ヘイトスピーチ情報連絡会」を設置、20日に第1回会合を開催した。

 連絡会は施設管理課、市民活動推進課、駅周辺対策課など、市有施設の貸し出し業務を所管する10課で構成。自治体として「ヘイトスピーチを許さない」との姿勢を明確にするとともにデモ行為などに関する情報を共有、統一した対応や相談体制を整えることが目的。警察など関係機関との連携も検討していくという。

 内野優市長は「現時点で川崎市のような深刻な事案は発生していないが、海老名駅周辺では都市開発が進んでおり、オール海老名で予防的措置を講じていきたい」と話している。

最終更新:6月30日(木)10時0分

カナロコ by 神奈川新聞