ここから本文です

京都で体験、漢字で遊ぶミュージアム

Lmaga.jp 6/30(木) 9:20配信

日本漢字能力検定協会による日本初の漢字ミュージアム「漢検 漢字博物館・図書館」(京都市東山区)が6月29日、京都・祇園にオープン。高坂節三館長は挨拶で、「『漢検』=『検定屋』というイメージを一新し、より漢字の魅力を広く伝えていく拠点を目指す」と語った。

すし屋の定番、魚へんの漢字はいくつ読める?

本館の見どころは工夫を凝らした「体験型」。1階は入館時に渡される体験シートを元に、漢字を学びつつ歴史を振り返るコーナーで、2階には、身体を使って漢字を表すコーナーや「漢字回転寿し」など子どもから大人までゲーム感覚で楽しめる漢字のアミューズメント空間が広がる。

同協会の岩橋さんは漢字の魅力について、「やはり表意文字であること。2015年の『今年の漢字』に選ばれた『安』だけをとっても、安らかという意味や安いというような意味もあって、一字で様々な意味を表すことができる。『今年の漢字』を振り返るだけでも、時代背景を含む不思議さがあり、それが漢字の奥深さだと思う」と話す。

ほかには、図書館やワークショップルームのほか、企画展示コーナーなども。現在、企画展示コーナーでは9月30日まで『漢字縁日』を開催。輪投げの要領で「くにがまえ」を投げて漢字を完成させるゲームや四字熟語射的などが並ぶ。今後は、漢字をテーマにしたワークショップも企画していくという。

取材・文・写真/ヤマザキムツミ

最終更新:6/30(木) 9:20

Lmaga.jp