ここから本文です

びわ湖に珍獣、山下洋輔ビッグバンド

Lmaga.jp 6/30(木) 11:00配信

「私より上のプレイヤーに会うのは滅多にありません」と笑って話すジャズピアニストの山下洋輔。今年74才を迎えた彼が率いるビッグバンドが10周年を迎え、それを記念した『スペシャル・ビッグバンド・コンサート』が7月2日、「びわ湖ホール」(滋賀県大津市)で開催される。

「最近は、若い人から仕事をもらうようになった」と嬉しそうに話す山下

ひじで鍵盤を鳴らす奏法など奇抜な演奏スタイルが印象的な、世界的ジャズ・ピアニストの山下。いまだパワフルで情熱的なプレイが続けられることについて、「何十年かやってきた自分の中に蓄積されたものを、何の制限もなくその場で全部出し切ってしまおうとするのが良いのでは」と話す。

本ステージで演奏するのは、ジョージ・ガーシュインの名作「ラプソディ・イン・ブルー」。山下曰く、「半分ジャズで、半分クラシック」という今作は、彼自身これまで大阪フィルハーモニー交響楽団などオーケストラとの共演が多い。だが、自身のバンドでレコーディングも行っており、今回はビッグバンドスタイルで聴くことができる貴重な機会だ。

オーケストラとの違いについて山下は、「クラシックオケとやる場合は、僕は『乱入者』であり、完全にアウェイ、もっと言えば『珍獣』扱いです(笑)。『なんだこいつは!普通のやつと違うじゃないか!』ってね。それがジャズバンドでやると、みんなジャズや僕のことを全て知ってるわけで。一番大事な即興のソロを、ジャズマンに聴かれるわけです。その恐ろしさがすごく良い緊張感に変わって、いっそうおかしくなるんではないか」と笑顔で語る。

このほか演奏されるのは、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」のビッグバンド編曲版と、このビッグバンドのために山下が書き下ろした新曲「ノッキン・キャッツ」。17:00開演で、チケットはS席6,000円、A席4,000円、ほか。

最終更新:6/30(木) 11:00

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]