ここから本文です

サインツのトロロッソ残留が正式発表。チームメイトもほぼ確定か

オートスポーツweb 6月30日(木)7時11分配信

 トロロッソは、29日、カルロス・サインツJr.が2017年も同チームに残留することを発表した。

2016年ヨーロッパGP フェルナンド・アロンソとカルロス・サインツJr.

 レッドブルは契約のオプションを行使、サインツJr.が3年目のシーズンをトロロッソで過ごすことが決まった。

 最近、サインツJr.の残留を示唆していたチーム代表フランツ・トストは、正式発表に際して次のようにコメントしている。

「カルロスが我々の元に残ることを非常に喜んでいる。スクーデリア・トロロッソに加入して以来、非常に優れたパフォーマンスを発揮しているからだ」
「2017年にも高い競争力と強さを見せてくれるだろう。カルロスが非常にいい結果を持ち帰ると我々は確信しており、来シーズンへの期待は大きい」

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、オプションを行使する期限が迫っていたわけではないが、サインツJr.を安心させたくて早めに手続きをとったと語った。

「今週初めに彼のオプションを行使した。つまりあと12カ月、彼はレッドブルに所属する」
 
「すべてのドライバーがレッドブル・レーシングと契約しており、我々が望むように彼らを(レッドブルかトロロッソに)配置することができる」
「彼は今トロロッソにおり、来年もそこで走る」
「オプション行使の期限は年末だったのだが、彼を安心させるために早期に行使することを決めた」


 ホーナーは、サインツが新しいチームメイトと組むことにはならないと予想、つまりダニール・クビアトが残留する見込みであると示唆した。

「(サインツが新しいチームメイトを迎えることになったら)私は驚く」とホーナー。

「ダニーは進歩し続けている。自信をつけつつあるのだ。今のところシートにふさわしい、明らかな候補がそばにいる状況ではない」

 レッドブルは大勢の才能あるドライバーを抱えておりぜいたくな状況であるとホーナーは述べ、現在のダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのラインアップを2018年末まで維持する見込みであるとほのめかした。

「我々のドライバー育成プログラムがリカルド、フェルスタッペン、カルロス、そしてもちろんダニー・クビアトのような才能あるドライバーを輩出しているのは素晴らしいことだ」

「安定して才能ある人材を抱えている。レッドブル・レーシングは今後2年半の状況が定まっている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月30日(木)7時13分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。