ここから本文です

ハース、ダラーラと協力して「フロントウイング問題」の解決に乗り出す

オートスポーツweb 6月30日(木)12時22分配信

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、多発するフロントウイングの問題を解決するため、シャシーサプライヤーのダラーラと協力して取り組んでいることを明らかにした。 

カナダGPで今季4度目となるフロントウイングの問題に見舞われたグロージャン

 カナダGPで発生したフロントウイングの破損は、プレシーズンテスト、バーレーンGP、スペインGPでも起きており、問題の原因は設計ではなく製造にあるとされている。シュタイナーは「責任はハースが取る」としながらも、ダラーラが近年のF1シャシーについては製造の経験がないことを認めている。

「ダラーラは誰が、どのようにして製造したのかを明確にしないと決めているため、これはハース側の問題になる。GP2やインディカーと比べて、F1パーツの基準がどれだけ高いかというのは、理解が難しい部分だ。F1マシン製造のノウハウを持っているのは10社しかなく、それがF1に参戦する10チームなのだ。そこには大きな差が存在する。ダラーラを(F1レベルの)基準にまで引き上げるのが、我々の責任だ」

「私は、それがダラーラの欠点だとは思っていない。知らないことは仕方がないので、我々のスタッフが知識を提供するべきなのだ。今年の我々は、パーツの重量と質の点で、すでに大きな進歩を遂げている。しかし来シーズンは、他のチームと同等の力を手にする必要がある」

ハースはシャシーを外部のサプライヤーに頼ったことを、後悔していないとシュタイナーは語る。

「コスト面で効率よくパーツを製造するノウハウを、多く学ぶことができた。それはダラーラが市販車の製造でやっていることだ。バランスの良いポイントを探り当てなければらない。我々の意見が通ることもあれば、そうでないこともあるが、最終的には両者にとって利益になると思っている。すべてを自社のファクトリーでまかなっていたら、これ以上のものは得られなかっただろう」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月30日(木)12時23分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]