ここから本文です

MotoGP:ストーナー、今季3度目のテストに自信。デスモセディチGP16は「言うことを聞いてくれる」

オートスポーツweb 6月30日(木)15時7分配信

 今季からドゥカティのテストライダーに就任したケーシー・ストーナーが今週、イタリアのミサノで行われるプライベートテストに参加。久々にMotoGPマシンをテストすることになった。

 ストーナーがドゥカティのマシンを駆るのは3度目となる。最初のテストは2015年仕様のバイクで参加したセパン、2度目はシーズン開幕後にカタールで行い、デスモセディチGP16での初テストを行った。

 ストーナーは取材で、カタールでのテストからはMotoGPでの仕事を始めるための充分なチャンスを得られなかったと述べている。

「テストはとても短く、確かめたいことを全て試せたわけでなないから、まだ自分たちがどこまでやれるかは分からない」

 とは言いつつも、ストーナーは2016年型のマシンを走らせたことで自信を得ているようだ。

「(2015年型の)デスモセディチGP15はまだポテンシャルを秘めているけど、今年のマシンの方が言うことを聞いてくれる。少しだけ扱いやすいから、限界を引き出しやすいんだ。フィードバックも多い」

「正直なところ、2016年型も異なったセットアップを試す時間がなかった。文字通り僕たちは部分的な比較をしている最中だ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月30日(木)15時7分

オートスポーツweb