ここから本文です

ハナエ 小悪魔に振る舞う魅惑のパーティ開催「凄い“愛されてるなあ”って感じたの」

Billboard Japan 6月30日(木)11時45分配信

 ハナエが、自身プロデュースの最新アルバム『SHOW GIRL』を冠したワンマンライブ【HANAE LIVE 2016 ~There's no girl like SHOW GIRL~】東京公演を、6月25日 新宿ReNYにて開催した。

ハナエ キュートなライブ写真(計10枚)

<小悪魔ハナエ!? 「パーティへようこそ!」と巨大クラッカーを客席に!>

 この日の会場は、“HANAE”の文字が走る派手な電飾や、花道が設けられたステージ、そして至るところに散りばめられたハートと、可愛らしく大人っぽい装飾で彩られ、セクシーなピンクと黒のレース衣装で登場したハナエは「パーティへようこそ」でライブの幕を開けた。甘くもどこか棘(とげ)のある小悪魔的アルバム『SHOW GIRL』のイメージをライブでも体現していくハナエは、花道の前方へ歩み「パーティへようこそ!」と巨大クラッカーを客席に放つ。それに興奮し、盛り上がりをみせる観客たちにニッコリ微笑む姿が印象的だった。

 ハナエは、老若男女が集まった客席に「今日は集まって来てくれてありがとう!」と可愛く感謝を述べ、「気持ちよくなってきたら、手を振ったりだとか、声出したりとか、あたしの名前を呼んだりとか……」と言い放ち“ハナエちゃーん!”とレスポンスが返ってくるのを「いいこだね~」と笑顔で受け止める。これは名古屋、大阪と行ってきた公演で毎度お馴染となった掛け合いで、彼女のお気に入りだという。そして冒頭、緊張感のあった会場は、このMC後には大きな声援が鳴り響くほど和やかなムードに様相を変え、ハナエのパフォーマンスにも拍車がかかっていった。

<“愛されてるなあ”ハナエが語る『神様はじめました』、ファンへの感謝>

 ここでアニメ『神様はじめました』のテーマ曲になった3曲を立て続けに披露。この日も「神様はじめました」で番傘をさしながら、「神様の神様」で扇子を持ってパフォーマンスをする彼女からは、アニメ作品に対する変わらぬ敬意や愛を感じさせた。そしてハナエ自身が作詞を手がけた「桜ミコトバ」では、桜木の手前で散り行く花びらをつかみ切ない表情を浮かべ、ぐっと世界に引きずりこむロマンティックな表現をみせる。「作品に対する感謝っていうのは、(私にとって)身近な人に向ける感謝に似ていて、好きっていう気持ちが伝わったなって思うと、途端にツンツンしてしまう性格なんですけど、そんな態度をとっても傍にいてくれる存在が……」と真面目に「桜ミコトバ」の詞に込めた思いを語るが、照れてしまいそれを誤魔化す愛らしい一面も一緒にみせてくれた。

 その後「みんなウズウズしてるんですか?」と会場を煽り、一緒に歌い、踊れる空間にしたかと思えば、スウィーティーな楽曲でメロウな雰囲気に変えていくライブを展開。そして観客がその歌声に酔いしれた「LovE MoTion」「キストピックス」で、“SHOW GIRL”ハナエに相応しいステージを繰り広げ、盛り上がりは最高潮に。普段あまり「最高」と言わないという彼女が「本当、みんな最高! ……なんか歌ってて、凄い“愛されてるなあ”って感じたの。」とこぼしてしまうほど、この日集まったファンたちはキラキラとした目で彼女を追って、優しい言葉で応援する姿が多くみられた。

<「みんながいるから……」ツンとした態度もすべて“愛”>

 ハナエが“生きてるなあ”と感じるステージを、一緒に楽しんで作ってくれる、一人一人がかけがえのない存在と語るファンに向け披露された「小さな恋のものがたり」では、彼女の素直な弱い部分に触れられるくらい透き通った空気が会場を包んだ。自分の気持ちをハッキリ伝えることができない女の子が、甘酸っぱい記憶を面と向かって語ってくるような歌声が胸の奥底をぎゅっと締めつけてくる。それなのに、観客が日頃抱いているモヤモヤを歌にぶつけるよう促し「あたしが消化してあげる」と、この場をリードする小悪魔さに心を振り回されてしまうが、本編を締めくくった「ラストティーン」で観客が「せーの!」と、とてつもない大合唱をいざ起こしてみせると、彼女の眼は見開き“嬉しい、ありがとう”と身体全体で物語っていた。

 「ハナエ」コールにより、再びステージに戻ってきた彼女は、何度も「みんながいるから……」とMCで観客に感謝を改めて伝えると、花道最前で足を投げて座り、本人曰く“ハナエ史上一番近く”で「あおいそら」を披露。この光景が、縁側で青空を見上げながら皆に歌を届ける景色に見えるほど、のほほんとした空気が漂う。そしてアンコールラストは「SHOW GIRL」で華やかにパーティの幕を下ろし、「今日は本当に最高でした! どーもありがとう!」と、笑顔でファンたちと手を振り合い、最後は投げキッスでハナエは去っていった。

 高飛車な女性像を与える作品タイトル『SHOW GIRL』のイメージそのままに、純粋で華奢な乙女心を綴る楽曲を見事ステージで魅惑のパフォーマンスとともに披露したハナエ。彼女の素直に語られる言葉にはもちろん、ツンとした仕草や態度もすべてに愛があった。それを生で感じられるライブに、是非足を運んでほしい。今後もハナエの活躍には要チェックだ。


取材&テキスト:古川泰佑
撮影:後藤壮太郎


◎【HANAE LIVE 2016 ~There's no girl like SHOW GIRL~】
6月25日(土)新宿ReNY セットリスト
01.パーティへようこそ
02.CANDY
03.JUVENILE!!!!
04.神様はじめました
05.神様の神様
06.桜ミコトバ
07.ハンサム
08.変幻ジーザス
09.×××
10.シュガリルラ
11.BLACK BERRY
12.Dear My Hero
13.LovE MoTion
14.キストピックス
15.小さな恋のものがたり
16.ラストティーン
En1.あおいそら
En2.かのような
En3.SHOW GIRL


◎【YUMECO RECORDS presents 夢子会 vol.6】
7月9日(土)新代田Live Bar crossing
OPEN 12:00 / START 12:30
出演:ハナエ、(トークゲスト:大石蘭) / 瀧川ありさ
チケット:前売 3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク代別)

◎【STRIPE YUKATA FESTIVAL 2016】
7月16日(土)恵比寿ガーデンプレイス内特設会場
13:00~15:00 / 16:00~18:00
チケット:2,000円(税込)
※ストライプクラブ内特設サイトにて販売
・6/17~ 浴衣購入者先行チケット販売
・7/1~7/10 チケット一般発売

◎【Bad Grrrls’Night Out #1】
9月19日(月)渋谷clubasia
OPEN 16:30 / START 17:30
出演:
ライヴステージ 北出菜奈&ハナエ(ゲスト)
ステージ美術・演出 東佳苗(縷縷夢兎)
コラボレーションアイテム:VIVE VAGINA(デザイナー:si oux)
チケット:前売 3,800円 / 当日 4,300円(ドリンク代別)

最終更新:6月30日(木)11時45分

Billboard Japan