ここから本文です

平均年齢83歳ダンサーズ?!映画『はじまりはヒップホップ』8月に日本公開

Billboard Japan 6月30日(木)19時10分配信

 サンタバーバラ国際映画祭で観客賞を受賞した映画『HIP HOP-ERATION』が、『はじまりはヒップホップ』の邦題で8月より日本で公開される。

 本作は、ギネス公認世界最高齢ダンスグループを追ったドキュメンタリー。平均年齢83歳のダンスグループである彼らの夢は、ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンス選手権に出場すること。この挑戦は、BBCやウォール・ストリート・ジャーナルでも実際に報じられ、アメリカで旋風を起こしている。94歳の最高齢メンバーや、家族の介護や自身の障害を抱える高齢者メンバーたちもいれば、ヒップホップのリズムに戸惑ったり思うように動かない身体に弱気になったりと、悪戦苦闘しながらも壮大な夢に挑む様子が描かれている。本作は、8月よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。

◎公開情報『はじまりはヒップホップ』
2016年8月シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
監督:ブリン・エヴァンス
出演:The Hip Op-eration Crew
配給:ポニーキャニオン
(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

最終更新:6月30日(木)19時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。