ここから本文です

新『インデペンデンス・デイ』キャストがスカイツリーに集結 3作目の可能性は?

Billboard Japan 6月30日(木)11時45分配信

 6月29日に『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の来日記者会見が、“日本で一番宇宙に近い”東京スカイツリーで行われ、ローランド・エメリッヒ監督、リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、マイカ・モンローが登壇した。

 本作は1996年公開の映画『インデペンデンス・デイ』の続編で、前作で繰り広げられた激闘から20年後を舞台に、再び地球へやってきた侵略者達と人類の戦いを描いている。これまで『デイ・アフター・トゥモロー』や『2012』で人類絶滅の危機を描いてきたローランド・エメリッヒ監督は、「何度も続編を作らないのかと訊かれてきた。『2012』の撮影でVFX(映像効果)を使い、その技術に驚き、この続編を作ろうと思い立った」と話した。また、続編製作の可能性を問われると、「3作目の可能性は興収が分かる3~4週間後に分かると思う」と語った。

 会見序盤、「ハロー、トーキョー」と陽気に挨拶をしたジェフ・ゴールドブラムは、自身のキャラクター、デイビッドについて「前作の襲撃後、彼は防衛軍の部長として指導し、次の襲撃に備えていた。またこの映画の世界では、宗教も人種も関係なく、人類が手を取り合って暮らす平和な世界が構築されてきた。そういう背景の中、20年過ごしてきた男なんだ」と説明した。また、初来日を果たしたリアム・ヘムズワースは主演抜擢について「エメリッヒ監督の大ファンだったから、主役に選ばれてとても嬉しかった。ジェフと共演すると聞いて、これは楽しくなるなって予感したんだ。実際、彼との撮影はすごく楽しかった。彼は共演するには完璧な俳優だ。マイカも最高の女優で、キャスト全員素晴らしいよ」と語った。

 最後にエメリッヒ監督は「一生懸命作った作品だ。最近は襲撃事件のニュースが流れているけど、この作品では、人々が一致団結している。この作品のように、みなが協力すればエイリアンに立ち向かえると思う」と作品に込められたメッセージを伝えた。

◎作品情報
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
2016年7月9日より、全国ロードショー
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンローほか
配給:20世紀フォックス映画

最終更新:6月30日(木)11時45分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。