ここから本文です

コールドプレイとヘンリー王子が共演、ケンジントン宮殿でのチャリティ・コンサートにて

Billboard Japan 6月30日(木)19時10分配信

 6月28日にイギリスのケンジントン宮殿において史上初のコンサートが行われ、ヘッドライナーを務めたコールドプレイのステージに王室からヘンリー王子がゲストシンガーとして出演した。

 英国王室はこの日、ヘンリー王子とレソト王室のセーイソ王子が創設した慈善団体“サンタバリー(Sentebale)”への募金と、サブサハラ・アフリカ地域でHIV/エイズに感染した子供たちに対する関心を高めることを目的に開かれた同チャリティ・コンサートのために、芝生の公園East Lawnを開放した。

 ヘンリー王子はステージでコールドプレイを紹介する前に、「HIVは密かに広がり、恥辱を餌に生きているウィルスであることを私たちは知っています。私たちひとりひとりには自らを教育する責任があります。声を上げ、沈黙や無知、そしてウィルスが勝るはずだという恐れを根絶するためにできる限りのことをするのです」とコメント。そしてパフォーマンスのフィナーレでは、コールドプレイやセーイソ王子、バソト青少年合唱団とともにアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』からの「アップ&アップ」を歌った。

 同チャリティ・コンサートにはコールドプレイのほか、グラミー賞受賞シンガーのジョス・ストーンやバソト青少年合唱団、アフリカ系ノルウェー人デュオのニコ&ヴィンスも出演しており、コールドプレイは最新シングル「ヒム・フォー・ザ・ウィークエンド」と「パラダイス」も披露した。

最終更新:6月30日(木)19時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。