ここから本文です

やくしまるえつこ 自己複製し続ける微生物に楽曲情報を組み込む「人類滅亡後の音楽」制作

Billboard Japan 6月30日(木)19時10分配信

 2016年9月17日から11月20日まで、茨城県北地域6市町の海と山を舞台に開催される国際芸術祭【KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭】。やくしまるえつこが手がける公式テーマソングの概要が発表された。

 テーマソングのコンセプトは「人類滅亡後の音楽」。古来より伝達と記録によって継続されてきた人類の歴史。同じく伝達と記録、また変容と拡散の歴史の中にある音楽。その関係性と、遺伝子とDNAとの関係性の類似に着目し、いつか人類が滅んだとしても新たな生命体が記録/DNAを読み解き、奏で、歴史を繋ぐことのできる音楽を、遺伝子組み換え技術を用いて制作する。

 【KENPOKU ART】が開催される茨城県北地域は、自然と科学の深い結びつきを持ち、海と山には古くから“らん藻”(シアノバクテリア)の一種である微生物“シネココッカス”が生息している。やくしまるは、この微生物の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作。さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成して、この微生物の染色体に組み込む。楽曲そのものはもとより、この遺伝子組み換え微生物そのものを「KENPOKU ART」のテーマソングとする。制作された音楽をDNA情報にもつ遺伝子組み換え微生物は、自己複製し続けることが可能なため、最強にして最長の音楽記録媒体、歴史に類を見ない流通形態となる。

 音源は【KENPOKU ART】会期スタートと同時に世界一斉配信。また、芸術祭期間中は、関連展示会場として、東京・FabCafe MTRLに新設されるバイオラボにて、この遺伝子組み換え微生物の実物が展示される予定となっている。



◎国際芸術祭【KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭】
2016年9月17日(土)~11月20日(日) 
開催市町:茨城県北地域6市町(日立市・高萩市・北茨城市・常陸太田市・常陸大宮市・大子町)

◎【KENPOKU ART 2016】公式テーマソング『(タイトル未定)』
2016/09/17 DIGITAL DISTRIBUTION
遺伝子組換え微生物展示予定:東京・FabCafe MTRL

最終更新:6月30日(木)19時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。