ここから本文です

忽那汐里、GReeeeNの名曲「キセキ」映画化のヒロインに! 菅田将暉の恋人役

クランクイン! 6/30(木) 6:00配信

 松坂桃李と菅田将暉のW主演で贈る、映画『キセキ ―あの日のソビト―』に、菅田演じるヒデの恋人・理香役として忽那汐里の出演が決定した。また、追加キャスト発表と共にティザービジュアルと特報映像も公開された。

【関連】「松坂桃李」フォトギャラリー


 本作は顔出し一切無しの異色ボーカル・グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたジンと、その弟であるGReeeeNリーダー、ヒデの青春期のエピソードを基に、家族との衝突を経て仲間と共に自分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描き出す。
 

 ダブル主人公となるジン(JIN)とヒデ(HIDE)を松坂と菅田が演じるほか、『そして父になる』などで助監督を務めた兼重淳が監督を務め、脚本を『黄泉がえり』などの斉藤ひろしが手掛ける。

 このたび、忽那ほか新キャストとして発表されたのは、医者でありヒデとジンの厳格な父・森田誠一役を小林薫、母・珠美役を麻生祐未、誠一が担当する患者・結衣役を平祐奈が演じるほか、森田家の長女・ふみ役を早織、ジンの親友・トシオ役に奥野瑛太、レコード会社ディレクターに野間口徹ら実力派の豪華俳優陣が名を連ねる。

 特報と合わせて公開されたティザービジュアルでは、昼間でありながら流れ星や虹が見えるという「キセキ」の風景が。また、劇場で配布されるこのチラシには、1/2000という確率で「キセキのチラシ」と称された夜バージョンのビジュアルのチラシが挿入されているという。

 映画『キセキ ―あの日のソビト―』は2017年新春公開。

最終更新:6/30(木) 6:00

クランクイン!