ここから本文です

ウォンビン主演のアクション映画『アジョシ』ハリウッドでリメイク

クランクイン! 6月30日(木)12時33分配信

 韓国の人気俳優ウォンビンが兵役後に映画『母なる証明』(09)に続いて出演した大ヒットアクション『アジョシ』が、ハリウッドでリメイクされる可能性が出てきたという。DeadlineやVarietyなどの海外メディアが伝えた。

【関連】「ウォンビン」フォトギャラリー


 当初、ディメンション・フィルムズが韓国のCJエンタテインメントから再映画化権を獲得していたが、何らかの理由によりCJエンタテインメントに戻り、ニューラインが名乗りを上げたという。現時点でプロデューサーは決まっておらず、今後、調整を経て制作に向けてリメイク企画が動き出すことが見込まれる。

 イ・ジョンボム監督&脚本のオリジナル版『アジョシ』は、韓国2010年最大のヒットとなったアクション・サスペンス。ウォンビン演じるチャ・テシクは、元特殊要員という過去を抱く孤独な男。人目を避けるように質屋を営み、ひっそりと暮らしていたが、ある日、自分を慕う隣人の少女ソミが母親の犯罪に巻き込まれて犯罪組織に誘拐されてしまい、テシクが巨大な組織を相手に一人で立ち向かう。

 兵役を終えて映画界に復帰したウォンビンは、復帰2作目『アジョシ』で韓国のアカデミー賞と言われる「大鐘賞」で主演男優賞を受賞した。

最終更新:6月30日(木)12時33分

クランクイン!