ここから本文です

ロッテ・岡田、前夜の守備のミスに…「申し訳ない気持ちでいっぱい」

ベースボールキング 6月30日(木)15時50分配信

 ロッテの岡田幸文が30日、自身のブログを更新した。

 守備の名手で知られる岡田は29日のソフトバンク戦で、5点リードの7回、中堅の守備固めで途中出場。しかし、4点をリードの8回一死一、二塁の場面で内川聖一がセンター前に放った打球が、センター・岡田の前で大きくバウンドし、まさかの後逸。二者の生還を許した。さらに同点の9回一死一、二塁の場面では、内川が放った左中間の打球を左翼の加藤翔平と交錯。記録は左翼・加藤の落球となったが、守備の名手・岡田らしくないミスが相次いだ。

 岡田は自身のブログで「大事な場面を守り切る。期待に応えることが出来ず、皆さんからの信頼を失ってしまったミスだったかもしれません。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪。それでも、「自分自身と仲間を信じて戦う気持ちは失っていません。失望の大きさも、それまで皆さんに期待して頂いた大きさだと思って、また一つずつ大切に積み重ねていきます」と前を向いた。

BASEBALL KING

最終更新:6月30日(木)16時50分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。