ここから本文です

リアム・ギャラガー、ノエルの「いもツイートは自己顕示」というコメントにまたしても「いも」で応酬

RO69(アールオーロック) 6月30日(木)15時0分配信

ノエルは先月、BBCの公開インタビュー番組『マスターテープス』でのポール・マッカートニーへの質疑収録の観覧にポール・ウェラーやブラット・ピットらと参加し、その際に撮られた自分の画像を自分のサイトに上げたところ、リアムがこの画像に「いも」とコメントするツイートをして話題になったが、リアムがまたノエルをいも呼ばわりしている。

ノエルは7月1日から北アメリカ・ツアーを開始する予定でカナダで取材に応じているが、トロント・スター紙の取材でリアムのツイートについてどう思ったかと訊かれて次のように答えていた。

「あれはリアムらしくないなと思ったね。なんか自分の存在感を維持したいとか、そういうことかなと思ったけど。ただ、リアムにしてみたら、ほかにツイートする話題なんてないよね? 自分のファッション・ブランドの春夏コレクションがどんな調子かとかツイートすると思う? そんな話題でリアムのツイートが成立するとは俺は思わないね。そのうち『あの人はどこ』の括りの中から出てきて、きみとの取材に応えるようになったら、その時訊いてみなよ。間違いなく、まったく意味のわからない超シュールな答をしてくれるはずだよ」

では、今も話を交わすような間柄ではないのかと確認されるとノエルは次のように説明している。

「俺たちは1996年以来、まともに会話する仲じゃないよ。俺は我慢してたけど、それもあいつがまともに歌えてた頃までの話だよ。歌がただのわめきになった時、それで俺はもう切ったね。その先の俺はもう金を回収してただけのことなんだ」

これにリアムはノエルの画像を上げて「ふくれっ面のいも LGxx」とツイートしている。

リアムのツイートはこちらから。
Pouting Potato LG x pic.twitter.com/K8y3AOFeYQ— Liam Gallagher (@liamgallagher) 2016年6月29日
 

RO69(アールオーロック)

最終更新:6月30日(木)15時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。