ここから本文です

背番号10で結果残した矢島、メンバー発表は「“無心”で待ちます」

SOCCER KING 6月30日(木)0時38分配信

 キリンチャレンジカップ2016が29日に行われ、U-23日本代表はU-23南アフリカ代表と対戦。リオデジャネイロ・オリンピックの最終メンバー発表前最後の一戦で4-1と鮮やかな逆転勝利を収めた。

 この試合に先発出場し、逆転ゴールとなるチームの2点目を奪った矢島慎也(ファジアーノ岡山)。試合を振り返り、「結果を残せたことは良かったところです。でも、後半はカウンター合戦みたいな感じで、相手陣で押し込んで時間を作るだったり、もう少し自分発信でゲームをコントロールしたかった。そこも監督に求められているところだと思うので、そこはできなかったなと思います」と、得点という結果には一定の満足感を示したが、反省点も口にした。

 U-23日本代表で長らく10番を背負ってきた中島翔哉(FC東京)が負傷から復帰したが、この試合でも背番号10は矢島がつけた。「10番を決めたのは監督だし、その期待に応える責任は自分にはある。でも、10番はこの代はずっと翔哉が背負ってきたし、自分の気持ち的には翔哉に背負ってもらって、俺は何番でもいいです」と、背番号へのこだわりは特にないと明言した。

 また、これまでのU-23日本代表としての経験を振り返り「最初から選ばれていますけど、徐々に成長できていると思うし、点も取れるようになって来たし、まだまだ成長できると思っています。(メンバー発表に関しては)待つしかないというか、選ばれたとしても選ばれなかったとしても、この代表で活動してきたことは自分の今後のサッカー人生につながっていくと思う。これを無駄にしてはいけない」と、自身の成長にとって大きかったと語った。

 リオ五輪本番までは残り約1カ月となり、7月1日には最終メンバーが発表される。メンバー発表までの気持ちを問われると「いや、もう何も思わないで“無心”で待ちます」と答えた。

SOCCER KING

最終更新:6月30日(木)0時38分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]