ここから本文です

清武が加入したセビージャのサンパオリ新監督「究極に攻撃的なチームに仕上げる」

SOCCER KING 6月30日(木)12時0分配信

 日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャが、それと前後する形で報じられて来た指揮官交代をようやく完了させた。

 セビージャは27日、ウナイ・エメリ監督の退任ならびにホルヘ・サンパオリ氏の新監督就任を発表した。そして、同日にローラン・ブラン監督の退任を発表したパリ・サンジェルマンが、翌28日にウナイ・エメリ監督の招へいを決定したことにより、セビージャの指揮官を巡る人事は予想されていた通りの形で決着した。

 クラブと2018年6月末までの2年契約を締結したサンパオリ新監督は、28日に行われた就任後初の会見で、昨年夏のコパ・アメリカで大会初制覇を成し遂げたチリ代表に続く新天地としてセビージャを選んだ理由を次のように説明した。

「私が多くの選択肢の中からセビージャを選んだのは、このクラブには自分が求めているレベルの野心や探究心があるとわかったからだ。大きな事を成し遂げ続けるためにも、最強のチーム達と渡り合って主役の座を演じるためにも、それは極めて重要なことだ」

 母国アルゼンチンが誇る屈指の戦術家であり、スペインでは2011‐12シーズンから2年間に渡りアスレティック・ビルバオを指揮したマルセロ・ビエルサ氏を敬愛しているサンパオリ新監督は、セビージャにも超攻撃的なサッカーを浸透させるとの強い意思を示した。

「私はもちろん指揮官であるが、それ以前にサッカーというスポーツをこよなく愛する男でもある。我々への評価はチームの結果によってなされることになるけれども、私が自分のやり方を放棄することは有り得ない。すなわち、セビージャを究極に攻撃的なチームに仕上げるということだ。それをもって、今と同等もしくはそれ以上にヨーロッパ全土からリスペクトを得たいと思っている」

SOCCER KING

最終更新:6月30日(木)12時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]